AI(人工知能)が人々の仕事を奪うという議論をする本は、人工知能がいかにすごいかを喧伝しがちだ。

 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』は、その中ではやや異色だろう。もちろん、AIがどのような点で優れているかも説明されているのだが、どちらかといえば、巷間いわれているほどにすごくはなく、AIにできることは限界があるという点が強調される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1196文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。