今年の春は、貴重な名画に出合える美術展が続く。筆頭が「ミュシャ展」。アールヌーボーの芸術家アルフォンス・ミュシャは、自身のルーツであるスラヴ民族をテーマにした作品を数多く手掛けた。