世界市場の混乱や戦後初のマイナス金利導入で幕を開けた2016年を展望する場合、日本経済が抱える最も大きな課題の一つが「増税判断」だ。夏の参院選も控える中、現行8%の消費税率を2017年4月に10%に引き上げるか否かの政治判断だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1501文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。