科学技術の進歩には、明日は今日の何割増しというような、数量的、直線的な進歩が続いた後に、突如、過去と断絶した革新的技術が出現して文字通り世界を変えてしまうというパターンがある。