「いつもとは違う服を着てみたい」「特別な日にいいネクタイをしたい」そんな需要に応えるファッション関連のサービスが人気だ。ネクタイや洋服、アクセサリーなどのアイテムを定額料金制で気軽にレンタルできるサービスのほか、消費者同士でアイテムを共有するシェアリング型サービスも増えている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2094文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。