今長時間労働や過労死の増加が社会問題となっている。一方で、長い歴史を持ちながら経営不振に陥る企業が増えている。ともに、その背景には労働生産性の低さが見え隠れする。