核兵器とミサイル開発を進める北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会制裁決議が強化された。孤立する北朝鮮──こうしたストーリーは北朝鮮に対する制裁を頑張る日米と、消極的な中露の駆け引きといった形で報道されてきた。しかし『北朝鮮 核の資金源』を読めば、制裁の現場とは丁々発止の外交の駆け引きで、文書をまとめて終わるようなものではないと分かる。国連北朝鮮制裁専門家パネルに勤務していた著者は、まさに孤軍奮闘、新宿の雑居ビルの一室の偵察からエチオピアの軍事産業の社長の「将軍」との面会に至るまで奔走する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1139文字 / 全文1469文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。