トマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』がブームになって以降、格差や不平等に関する書籍が次々と出版されている。中でも、不平等の研究においてピケティ氏の先人的存在であるアトキンソン氏が現代社会の根本を問い直した『21世紀の不平等』は必読である。