難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒され動かない身を、自らが策を弄して設立した湘南鎌倉総合病院に横たえている『神になりたかった男 徳田虎雄』。かつて、医療革命の風雲児として喝采を浴びた男の半生記だ。