難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)に冒され動かない身を、自らが策を弄して設立した湘南鎌倉総合病院に横たえている『神になりたかった男 徳田虎雄』。かつて、医療革命の風雲児として喝采を浴びた男の半生記だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1300文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。