“愛嬌”だけでなく、いまや度胸もバイタリティーも、女性ライター優位の時代です。

 『パリのすてきなおじさん』は、「無類のおじさんコレクター」を自認する著者が、2週間かけて、ファーブルよろしく採集したパリのおじさん記。現地在住40年のジャーナリスト広岡裕児氏を案内役に、「このおじさんのはなしを聞いたらおもしろそう」という持ち前の勘をはたらかせ、果敢にインタビュー&スケッチを試みます。総勢67人ですから、多彩にして壮観。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1171文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。