英国の欧州連合(EU)離脱決定や米国でのトランプ大統領の登場は世界を揺るがしたが、その背景にあったのは広がる反グローバル主義の風潮だった。反グローバル主義とは一体、何なのか。グローバル化が所得格差拡大の主因なのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1485文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。