ゲーム理論がビジネスに有効な学問であるという認識は、比較的広まりつつあるようだ。しかし、本によっては数式が多かったり、抽象的すぎたりして、一般のビジネスパーソンにとってはハードルの高いものも少なくない。そんな中、『世界の一流企業は「ゲーム理論」で決めている』は、タイトルこそやや大げさだが、ゲーム理論や戦略的思考の基礎がとても分かりやすく解説されている。

 まず特徴的なのは、具体例が豊富で多様なことだ。最初の方には、第2次世界大戦のビスマルク海海戦で、日本軍が読み負けをするプロセスが説明されていたり、米国でのたばこ広告の禁止がどのような帰結を招いたのかが解説されていたりする。あるいは価格比較サイトやオンライン小売業者の戦略やカルテルの話など、ビジネスに直結した話題も登場する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1029文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。