いったん寝付けたと思ったら夜中にトイレに起きたり、朝早くに目が覚めてしまったりする──。加齢に伴って、こうした浅い眠りに悩まされてはいないだろうか。睡眠トラブルに詳しい日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授は、「中途覚醒と早朝覚醒は年を取るほど増えることが分かっています」と話す。

年を取ると中途覚醒が増える
●中途覚醒(週3回以上)がある人の割合
<span class="fontSizeL">年を取ると中途覚醒が増える</span><br />●中途覚醒(週3回以上)がある人の割合
睡眠の途中で目が覚める早朝覚醒を起こす人は年を取るほど増える
出所:女性心身医学19(1):103-9,2014
[画像のクリックで拡大表示]

 成人2559名を対象にした内山主任教授らの調査によると、週に3回以上中途覚醒がある人は、40~50代が10%台だったのに対して60歳以上は男女平均で21.2%になる(グラフ参照)。中でも多いのは尿意で目が覚めるケースだ。若い頃はいったん眠ってしまえば朝まで目が覚めなかったものだが、中高年は夜中にトイレに起きることが珍しくなくなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り983文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。