食糧危機や嗜好の多様化で野菜や果物の品種改良へのニーズが高まっている。しかし、品種改良は10年単位の時間がかかるのが当たり前。ニーズに対応できていなかった。そこに一石を投じたのがタキイ種苗。ゲノム解析技術などで3年に短縮することに成功した。