食糧危機や嗜好の多様化で野菜や果物の品種改良へのニーズが高まっている。しかし、品種改良は10年単位の時間がかかるのが当たり前。ニーズに対応できていなかった。そこに一石を投じたのがタキイ種苗。ゲノム解析技術などで3年に短縮することに成功した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3002文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題