ほかの産業に比べて労働生産性が低いと言われてきた建設業界。無人化建機に運搬ロボット。人手不足を背景に、これらの開発が進み始めた。自動運転で、労働集約型の産業が変わろうとしている。

無人化システムが次々に登場
無人化システムが次々に登場
(写真=Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 福岡県の山奥にある巨大なダムの建設現場で、複数の建設機械がひっきりなしに動いていた。ブルドーザーでコンクリートを運搬し、地面に敷設してならし、振動ローラーと呼ぶ機械で固めていく。その手順は、一般的なダムの建設現場と変わらない。

 一つだけ違うのは、これらの建設機械の運転席に、誰も乗っていないことだ。技術者がタブレット(多機能携帯端末)で指示を出し、あらかじめ組まれたプログラムによって、機械が自動で動く。これは、大手ゼネコン(総合建設会社)の鹿島が開発した次世代建設生産システムの一部だ。ブルドーザーはコマツが開発で協力した。

 ゼネコンによる無人運転時術の開発が活発になってきた。背景にあるのは、技術者や作業員の深刻な人手不足だ。

次ページ 「匠の技」を学ばせる