光速に近いスピードで粒子を衝突させ、生まれた素粒子を観測する。新たな素粒子が見つかれば、宇宙誕生の謎を解明できる可能性も。日本で“究極の加速器”建設構想が浮上するが、実現には課題もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3086文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題