光速に近いスピードで粒子を衝突させ、生まれた素粒子を観測する。新たな素粒子が見つかれば、宇宙誕生の謎を解明できる可能性も。日本で“究極の加速器”建設構想が浮上するが、実現には課題もある。