日本自動車工業会が11月、自動運転に関するロードマップをまとめた。普及が見込まれる2020年以降に向けて、自動制御システムなど関連技術の研究開発が盛んだ。自動運転の登場で、自動車部品が提供すべき「機能」も変わろうとしている。