見えない光を当てれば、手軽に殺菌できる時代が到来しつつある。日常生活のほか、貧困地帯などの衛生向上にも寄与しそうだ。世界を救う「未来の光」を、日本勢が技術力で引っ張っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3191文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題