電力やガスに続き、水道でもメーターのスマート化を進めようとしている。実用化すれば、検針や漏水の有無を自動かつ遠隔でできるようになる。神戸市や東京都などの自治体は企業と共同で実証実験に乗り出した。