土壌が劣化し、植物が育たない砂漠化は地球規模で進行している。食料危機を防ぐためにも、砂に水をためる技術が欠かせない。そこで白羽の矢が立ったのは、意外にも湿布やおむつの技術だった。