土壌が劣化し、植物が育たない砂漠化は地球規模で進行している。食料危機を防ぐためにも、砂に水をためる技術が欠かせない。そこで白羽の矢が立ったのは、意外にも湿布やおむつの技術だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3467文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題