海外出張後、ビジネスパーソンが悩まされることが多い「時差ボケ」。それを解消するためには、「体内時計」の修正が必要となる。その修正を促す機器の開発と体内時計の仕組みの解明が同時に進んでいる。