海外出張後、ビジネスパーソンが悩まされることが多い「時差ボケ」。それを解消するためには、「体内時計」の修正が必要となる。その修正を促す機器の開発と体内時計の仕組みの解明が同時に進んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3000文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題