ナノサイズのカプセルで患部にだけ薬剤を送る仕組みの開発が進む。がん治療への活用のほか、脳疾患治療などにも広がる可能性を持つ。最終目標は予防から早期発見、治療まで実行する「体内病院」だ。