ナノサイズのカプセルで患部にだけ薬剤を送る仕組みの開発が進む。がん治療への活用のほか、脳疾患治療などにも広がる可能性を持つ。最終目標は予防から早期発見、治療まで実行する「体内病院」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3433文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題