誰でも気軽に空を飛べる時代が来るかもしれない。大手自動車メーカーのエンジニア集団が空飛ぶクルマ作りに挑む。2020年、東京オリンピックの開会式デビューが目標だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2949文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題