人間の五感の中で最も複雑で、仕組みの全容の解明が進んでいない嗅覚──。その仕組みを模して臭いを発する物質の種類や量を測定する「嗅覚センサー」の開発が進む。実用化されれば、爆弾やがんを臭いで発見するなど、様々な用途で使用が期待される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3321文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題