世界の動きは速い 海外に出て変化を感じろ

<span class="title-b">岩下 節生</span>[ いわした・せつお ]
岩下 節生[ いわした・せつお ]
1978年鹿児島大学理学部卒、84年アルバック入社。2005年中国総部長、06年中国法人総経理。11年取締役、16年取締役専務執行役員。17年7月から現職。熊本県出身。64歳。(写真=竹井 俊晴)

 昨年、30年近く駐在した中国から日本に帰ってきたのですが、実はまだ、日本での生活に慣れていません。例えばタクシーは、日本だと手を挙げて止めて、現金で払いますよね。中国では配車アプリで呼んで、キャッシュレスが当たり前です。ただ、そうなったのも、この数年のこと。日本では、こんなに速く物事が変わるなんて、あまりないですよね。

 ビジネスでも同じことを感じます。アルバックは真空技術を使った製造装置を様々な業界に納めていますが、世界は日本の3倍くらいの速さで動いているのではないでしょうか。顧客が作る製品のライフサイクルは短くなり、以前は20年、30年と使っていただいた我々の装置はほんの数年で買い替えられます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り886文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。