使えない技術の価値はゼロ「楽に売れる」が開発の肝

ささき・いちろう[ブラザー工業社長]
1957年4月生まれ。83年名古屋大学大学院工学研究科修了、ブラザー工業入社。レーザープリンター開発などに携わる。2005年英国法人社長。14年に取締役就任、18年6月から現職。(写真= 早川 俊昭)

 前任の小池(利和・現会長)から社長就任の打診を受けたのは今年1月のこと。人事を担当していたころに私が提案した、上司と部下の「1オン1ミーティング」の時でした。言い出しっぺだから、自分もやらなければいけないと申し込んだ面談で、社長就任を打診されたのです。振り返れば「飛んで火にいる夏の虫」という感じでした。

 軽々に「やります」と言える状況ではなかったので、その場では保留しました。ペーパーレスで印刷量が減っていくのは世の流れ。複合機を手掛ける当社にとって、本当に難しい時期を迎えます。それでも引き受けたのは、誰かがやらねばならないのなら、逃げてはならないと決心したからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り897文字 / 全文1219文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。