リスクの多様化に対応する 革新性でも先頭に立ちたい

<span class="fontBold">[ こいで・まさとし ]<br />1984年東京大学法学部卒、日本長期信用銀行入行。98年、アフラック入社。2006年に退社、日興アセットマネジメントなどを経て08年に再入社。16年に副社長。東京都出身。57歳。</span>(写真=的野 弘路)
[ こいで・まさとし ]
1984年東京大学法学部卒、日本長期信用銀行入行。98年、アフラック入社。2006年に退社、日興アセットマネジメントなどを経て08年に再入社。16年に副社長。東京都出身。57歳。
(写真=的野 弘路)

 当社は日本国内で初めてがん保険を手掛け、現在もシェア1位を維持しています。医療技術の進歩や検診の普及で、以前に比べると、がんは治る病気となってきました。早期に発見して、治療して、幸せな生活を送る際に必要な費用を補償する。私たちは「生きるための保険」を手掛けていると自負しています。

 人口減で日本の保険市場は縮小すると思われていますが、全く悲観していません。生命保険や損害保険に続く第3分野と呼ばれる、がん保険や医療保険は、十分にビジネスチャンスがあると考えています。長寿化やライフスタイルの多様化で、生きていく上でのリスクが増えてきたからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り867文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。