アルパインはパナソニックやパイオニアと並ぶ「カーナビ御三家」と呼ばれた時代がありました。かつては車内の中央にナビゲーションシステムが鎮座することは当たり前。カーナビ市場は参入障壁が高く、ライバルが限られていた時代が長く続きました。