昨年まで在籍した国鉄、JR東海では主に車両などのメンテナンスを担当しました。技術系の本流とされる開発・設計志向が強かったため、メンテナンスに積極的な意義を見いだしていたわけではありませんでした。