良い職場は「事故」がない 人の頑張りが企業を育てる

たかまつ・のぶひこ
1979年東京大学卒業。新日本製鉄(現・新日鉄住金)入社。2012年ウジミナス執行役員兼務。16年新日鉄住金常務執行役員、ウジミナス取締役。17年6月から現職。62歳。(写真=的野 弘路)

 2021年で創業100年。12~16年は業界全体にとって厳しい時期でしたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。

 鉄スクラップを電炉で溶かして素材を作り、建機や自動車の足回り部品、建材などを製造する「一貫生産」が当社の強み。これに加え、新たな事業を1~2つ、育てたいと思っています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り995文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。