前身である旧日本長期信用銀行時代からの特徴ですが、新生銀行は人材の層が厚いため規模の割にいろんなことをやってきました。結果的に「これだ」という強みが乏しく、器用貧乏に陥っている感も否定できません。