「もう終わりかな」 「多分な」 8年前でしょうか、同僚と交わした言葉が今も忘れられません。当時私は、印刷会社向けの大型プリンター事業を所管していましたが、見込みを外して損失を計上。サラリーマン人生はおしまいだと思いました。