企業の個性表れる商品で グローバル競争挑む

<span class="title-b">川村 和夫</span>[ かわむら・かずお ]
川村 和夫[ かわむら・かずお ]
1953年8月生まれ。76年3月早稲田大学法学部卒業後、明治乳業(現明治)入社。2007年取締役、12年社長。18年6月から現職。宮城県出身。65歳。(写真=的野 弘路)

 明治乳業と明治製菓が統合して2009年に誕生した持ち株会社が明治ホールディングス(HD)です。私は、傘下の統合事業会社である明治の社長を6年間務めました。事業会社と上場会社の明治HDの社長に求められる役割は違います。明治の社長の時は、日々の売り上げや商品の品質を気にしていましたが、HDでは長期ビジョンや中期経営計画の進捗が大切です。

 事業会社の社長の時も、事業の選別には力を入れました。印象に残っているのは、私が新入社員の時代に担当したベビーフードの撤退です。思い入れがあった事業ですし、他社では成長事業と位置付けている例もあります。しかし、当社にとっては将来性と収益性から考えて、難しいと判断しました。悩んだ末の決断でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り876文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。