シューズの進化はまだ続く1000億円増収が使命

<span class="title-b">広田 康人</span>[ ひろた・やすひと ]
広田 康人[ ひろた・やすひと ]
1980年早稲田大学政治経済学部卒業、三菱商事入社。2014年代表取締役常務執行役員、18年1月に三菱商事の関西支社長を退任しアシックス顧問に。3月から現職。61歳。(写真=直江 竜也)

 三菱商事の関西支社長だった昨年6月、尾山基さん(当時アシックス社長)と知り合いました。そして10月に、社長をやってくれと頼まれたんです。冗談でしょ、と思いましたよ。

 自分なりに理由を整理すると、アシックスは変化を起こす新しいリーダーを求めていたのでしょう。急速に会社がグローバル化する一方で、業績は伸び悩み、マネジメントする人材も足りなかった。商社出身の私にとってもチャンスでした。三菱商事には迷惑をかけましたが、退任を温かく認めてもらい、今年1月に移ってきました。

 来て驚きました。本当に国際化が進んでいるんです。売上高の4分の3が海外だし、英語でのテレビ会議も当たり前。公用語は英語、なんてわざわざ掲げるまでもないですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り874文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。