シューズの進化はまだ続く1000億円増収が使命

広田 康人[ ひろた・やすひと ]
1980年早稲田大学政治経済学部卒業、三菱商事入社。2014年代表取締役常務執行役員、18年1月に三菱商事の関西支社長を退任しアシックス顧問に。3月から現職。61歳。(写真=直江 竜也)

 三菱商事の関西支社長だった昨年6月、尾山基さん(当時アシックス社長)と知り合いました。そして10月に、社長をやってくれと頼まれたんです。冗談でしょ、と思いましたよ。

 自分なりに理由を整理すると、アシックスは変化を起こす新しいリーダーを求めていたのでしょう。急速に会社がグローバル化する一方で、業績は伸び悩み、マネジメントする人材も足りなかった。商社出身の私にとってもチャンスでした。三菱商事には迷惑をかけましたが、退任を温かく認めてもらい、今年1月に移ってきました。

 来て驚きました。本当に国際化が進んでいるんです。売上高の4分の3が海外だし、英語でのテレビ会議も当たり前。公用語は英語、なんてわざわざ掲げるまでもないですね。