周囲の声に耳を傾け 創業者を超えられる会社に

<b>[ しまだ・かずゆき ]<br />1955年生まれ。79年に同志社大学法学部を卒業し、ダイエーに入社。94年に社長室秘書部長を務める。2001年にマルエツに移り、03年にファンケルに入社。17年4月より現職。</b><br />(写真=稲垣 純也)
[ しまだ・かずゆき ]
1955年生まれ。79年に同志社大学法学部を卒業し、ダイエーに入社。94年に社長室秘書部長を務める。2001年にマルエツに移り、03年にファンケルに入社。17年4月より現職。

(写真=稲垣 純也)

 2人の創業者のそばで、会社のかじ取りを見られました。それが経営者としての私の最大の財産です。

 大学卒業後にダイエーに入社し、2001年までの8年間、創業者の中内㓛さんの下で秘書を務めました。ワンマン経営者のイメージが強い中内さんですが、それとは違う一面もありました。人の話を聞く姿勢です。多忙を極める雲の上の“怖い人”でしたが、私が報告や相談をしに行った時に、忙しいという理由で突っぱねられたことは一度もありません。

 経営の決断をする立場になったことで、周囲の声に耳を傾ける大切さを日々実感しています。正念場を迎えている経営改革を成功させるには全社員の力が必要だからです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り899文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。