日本経済はおそらく、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは堅調に推移するでしょう。しかしその後、少子高齢化がどんどん進んで、製造業が窮地に立たされる可能性があります。だから私は、景況感の良い今こそ「真のリストラクチャリング」を実施すべきだと考えています。