日本経済はおそらく、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは堅調に推移するでしょう。しかしその後、少子高齢化がどんどん進んで、製造業が窮地に立たされる可能性があります。だから私は、景況感の良い今こそ「真のリストラクチャリング」を実施すべきだと考えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1177文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題