それは価値観が根底から覆されるような経験でした。新卒で入った日本長期信用銀行が破綻して公的管理下となり、ビジネスモデルの抜本的な転換を迫られていた、1990年代の終わりのことです。