30代、赤字が続くドイツの販売会社で副社長を務めていた時のこと。会社からクルマで帰宅するまでの記憶を、失ってしまいました。赴任して間もなくで、ドイツ語はおろか英語も満足に話せませんでした。時差もあって勤務時間が長くなりがちで、疲労困憊していたのでしょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1189文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。