カルピスでは営業やマーケティングを経験してきました。印象深いのは1991年に発売した「カルピスウォーター」を担当したことです。家庭で水で薄めて飲まれていたカルピスを「いつでも、どこでも」楽しめるように商品化しました。試飲会を開いたり、学生のイベントと連携したりとプロモーションを強化。そのかいもあって、売り上げは年々伸びました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1179文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題