欧州の経営者に刺激 「個」の強さ際立つ集団に

貸谷 伊知郎[かしたに・いちろう]
1959年4月生まれ。83年3月同志社大学経済学部卒業、4月豊田通商入社。2012年仏CFAOバイスチェアマン、16年常務取締役、17年取締役専務執行役員を経て、18年4月から現職。(写真=的野 弘路)

 北アフリカのモロッコを含む、欧州・アフリカ地域で約13年間の海外駐在経験を積みました。様々な刺激を受けましたが、とりわけ強く印象に残ったのが、欧州企業の経営層のパフォーマンスの高さです。自律的に情報を集め、常に即決で業務を進めていきます。リスク管理も的確で、周囲よりも先を読んで手を打つという意識を、一緒に仕事をしながらひしひしと感じました。

 日本の組織では、なかなかこうもいきません。優秀な人間が1人いると、大抵はその人任せになりがちです。他が当事者意識を失ってしまうんですね。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り928文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。