低収益から脱却目指す 小売業と太い絆を

[ だいの・てるゆき ]
1983年、一橋大学経済学部卒、キリンビール入社。2005年フォアローゼズディスティラリー社長、16年キリンホールディングス常務執行役員として経営戦略を担当。17年3月から現職。57歳。

 キリンビールに入社してから34年。ビール以外にも多様なお酒に携わってきましたが、ワインとは縁が薄かったですね。メルシャンは、キリンホールディングスの傘下にあります。私は直近、この持ち株会社で経営企画を担当しました。酒類事業の多角化を進めるため、焼酎や缶チューハイの戦略を練ってきました。

 初めて社長業を経験したのが40代のときです。グループ会社で、ウイスキーを扱う米フォアローゼズディスティラリーの社長に任命されました。印象に残っている仕事の一つは、同社の米国事業の立て直しです。戦前は全米でナンバー1のバーボンブランドでしたが、事業拡大に伴う品質低下が災いし、かつての勢いはなくなっていました。この状況を残念に思っていた蒸留所のメンバーと共に、プレミアムバーボンを新たに開発しました。ケンタッキー州で販売し始めたのは、バーボンの本場で売れれば、チャンスが広がると考えたからです。3年目に同州で一番評価されるプレミアムバーボンに成長し、米国市場全体でフォアローゼズブランドの復活につながりました。このように稼げる戦略を提示して、従業員と一体で創意工夫していくということを、メルシャンでも実現したいです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り669文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。