日銀のマイナス金利政策で、銀行経営には逆風が吹いています。貸し出しによる収益は落ち、資金運用にも影響が出ていますが、我々はこれを打ち返していかなければいけません。かといって、利ザヤが縮小している中で他行とさらに低金利競争をするのは無意味でしょう。ポイントとなるのは、どれだけ「提案力」に磨きをかけられるかだと考えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1151文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。