顧客の先の消費者を意識 モノ言える文化強み

小瀧 龍太郎[こたき・りゅうたろう]
1964年生まれ。85年日本工学院専門学校情報処理科卒、88年サトー(現サトーホールディングス)入社。2007年執行役員、16年副社長兼最高執行責任者。18年4月から現職。東京都出身。(写真=竹井 俊晴)

 今ではあらゆるモノにバーコードやQRコードなどが割り振られ、品物のデータをインターネットで検索できるようになっています。そうした「ラベル」を印刷するプリンターで、当社は国内首位を走っています。宅配便の段ボールに付ける送り状や、冷凍食品の外装に貼られた消費期限のシールなどが代表です。ラベルにICチップを内蔵して、在庫管理に取り組むアパレル企業も登場しました。

 1988年に入社して以来、私は国内営業が長く、様々な企業の現場にラベルプリンターを売り歩いてきました。そうした「BtoB(企業間取引)」ビジネスは、通信販売の拡大に伴う倉庫の出荷管理などで、ますます広がっていくでしょう。しかしそれだけでは不十分です。今後は顧客企業に加え、その先にいる消費者、つまり「BtoBtoC」の視点を強化する必要があります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り821文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。