若手社員として東北で営業を担当していた時、ある飲食店で「料理や接客で顧客に満足してもらうのが一番大切なこと。ビール会社の営業も顧客である飲食店に同じように接しているか」と、言われました。当時アサヒビールは業界シェアが十数%の厳しい時代でした。メーカーとして飲食店や消費者に満足してもらうよう、努力を続けるしかないと心に誓い、今も経営の信念になっています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1178文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。