粘り強い企業体質つくり 経営のバトンをつなぐ

松沢 幸一[ まつざわ・こういち ]
1973年北海道大学院修了、キリンビール入社。2009年社長、12年退任。17年4月に明治屋顧問に就任し、5月から現職。群馬県出身、69歳。(写真=北山 宏一)

 当社は創業133年の老舗企業で、食品の小売りや輸入を手掛けています。これまで7代にわたり、創業一族から社長を輩出してきました。私は創業一族以外では初めての社長です。

 当社に来る5年前までキリンビールの社長を務めていました。社長退任後は、製薬企業の社外取締役や大学の客員教授といった仕事をしながら現役時代とは違い、リラックスした日々を送ってきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り993文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。