航空機エンジンの設計・開発部門が長いのですが、思い出深いのは2011年から担当した、主に航空機関連の生産部門を統括する仕事です。生産部門は入社以来初めて。生産性向上が使命でしたが、個々の部門や現場がいかに独立というか、孤立していることに衝撃を受けました。