着任前に日本に抱いていたイメージは、ハイテク産業の集積国であるということ。