航空機から食肉牛まで モノの価値見極めるプロに

橘 正喜[たちばな・まさき ]
1956年生まれ、大阪府出身。80年東京大学経済学部卒、住友銀行(現・三井住友銀行)に入行。人事部長や米州本部長を経て2013年取締役、15年副頭取。17年6月より現職。61歳。

 もう6年以上も前のことになります。三井住友銀行の米州本部長としてニューヨークに駐在していた私は、大きな決断に迫られていました。部下が仕入れてきた情報によると、英国の大手銀が航空機リース事業の売却を検討しているというのです。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)として、買収に動くべきか、否か……。

 大型の航空機をつくる企業は世界に2社しかなく、市場は極めて安定しています。新興国の成長を考えれば移動需要の高まりも約束されたようなもの。とはいえ買収に必要な73億ドル(当時のレートで約5600億円)という投資額は大きく、東京の本社サイドも当初は慎重姿勢を貫いていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り900文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。