日本市場におけるサムスンの立ち位置を見ると、世界的に高いブランド力を持っていながらも、日本だけは例外だと痛感しています。ブランド力だけでなく、マーケティング力や製品ラインアップなどを見ても、日本では潜在能力の2割しか生かせていない。